お尻ニキビとは?

背中や顔ににきびができる事は珍しくありませんが、 お尻にもにきびができやすいって知っていましたか?

実はお尻にニキビができて悩んでいる方は少なくありません。
普段隠れている部分なので、にきびができて目立つといった事もなく
話題にならないかもしれませんが...。

洋服で隠れているからこそ、見えない部分なのでニキビケアを怠りがちになる人も多いでしょう。


お尻ニキビの原因とは


ではどんな事が原因でおしりにニキビができるのでしょうか?

お尻への様々なダメージ

 


おしりは座ったり寝転んだりと負担をかけやすい部分です。 座っているときは上半身の体重がおしり一点に集中するため、 着用している衣類や下着の擦れが頻繁におこり肌へのストレスとなってしまいます。

体形に合った衣類や下着を着用していないと、 締め付け・圧迫され肌ダメージがどんどん蓄積されていきます。

肌ダメージが蓄積されると血行不良になったり 肌のターンオーバーが乱れたりします。

すると古い角質が溜まったままになり、角質や皮脂が 毛穴を塞いでにきびを作る原因になってしまいます。

体重の負担がかかる部分はどうしても角質が厚くなってしまいます。 例を挙げると、全体重を支えている足の裏の角質は堅く分厚いですよね。 おしりも同様角質が厚くなりやすい部分で、毛穴を塞いでしまうのです。

汚れが蓄積されやすい

 


衛生面で言うと、お尻は良好な衛生状態とは言えません。 常に下着で覆われている部分なので、蒸れやすい場所でもあります。

特に夏場は蒸れやすく、蒸れたからといって下着を変えたりする わけでもありません。この状態はアクネ菌が発生しやすく、 蓄積した皮脂汚れにアクネ菌が反応し、 にきびを悪化させる原因となってしまいます。

新陳代謝の乱れ

 


お尻は他の部分と比べて新陳代謝が活発ではないので、 水分量が少なく古い角質が溜まりやすい場所です。 蓄積した角質は肌のターンオーバーを乱し、角質の蓄積・毛穴の詰まりを 起こしにきびを作る原因となります。

生活習慣

 


食生活や睡眠不足など、生活習慣の乱れも少なからずあります。 顔や背中のにきび同様、生活習慣の乱れを正すことで にきびの改善に繋がります。


何度も繰り返すお尻ニキビをなんとかしたい!


上記で説明したように、お尻は常日頃から過酷な条件にさらされています。 なかには何度もぶり返すおしりにきびやできものに困り果てている方もいます。

当サイトではそんな人にこそ、知ってもらいたいキレイな美尻をつくる 最速の情報をお届けいたします。




サブコンテンツ

このページの先頭へ